例えば、退職する手続きの専門家になる、という気持ち、もしくはアセットを残すつもりで集中して取り組むと良い。